女性ホルモンを増やす方法を知って体調コントロール|健康体が一番

女性

女性の更年期障害

緑色のサプリ

女性ホルモンとの関係とは

男女ともに更年期障害があると言われていますが、特に女性の場合に顕著に現れます。それでは、女性の更年期障害についてお話しします。女性は、腹腔内に2つの卵巣を持っています。卵巣の働きは、卵子を成熟させ排卵することにありますが、その他にも女性ホルモンであるエストロゲンを分泌しているのです。エストロゲンは、女性らしい身体を作るのに役立っている他、体内において様々な働きをしています。しかし、女性が持つ卵子の数は限られており、40歳の後半にもなると排卵が起こらなくなってしまうのです。このことを閉経と呼び、この時期に女性の更年期障害が現れてくるのです。これには閉経に伴う女性ホルモンであるエストロゲンの分泌低下が関係しています。

更年期障害になると

女性が更年期障害になると、次のような症状が出てきます。まずは自律神経失調症を引き起こします。そして、体温のコントロールが上手くできずに顔がほてったり、のぼせる等のホットフラッシュと呼ばれる症状が顕著になります。また、頭痛や動悸が激しくなったり、めまいや耳なり等様々な障害が現れます。また、神経症状が現れることもあります。これはうつ病でも見られるもので、イライラしたり、やる気が起きなくなったりするのです。このように様々な障害が起きる女性の更年期障害を改善するために、病院においてエストロゲンの補充療法が行われることがあります。また、エストロゲンに似た作用を持つ大豆イソフラボンがサプリメントとして利用されるようになりました。